忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
世に物好きは多く、「こんなことまで研究している人がいるのか!」と驚くことがある。しかし、「三浦おいろ」について研究成果が発表されたのは知らない。
「おいろ」「紅の家おいろ」「三浦おいろ」などの筆名で明治大正の雑誌にあちこち投稿している。文久三年というから、上田花月と同年生まれ、昭和四年、上田花月より二年早く他界したようだ。
『口から出まかせ』第十一号(明治25年3月21日)に、「投書家の出世」と題する記事があるが、その末尾に次のようにあるのが、最も詳しい説明ではないか。
三浦常太郎氏、姓は井上と最初いひし頃、我楽多の投書家たりし、号を珍妙庵直秋、後ち珍猫庵都子、おいろ粋史といひ、風雅粋誌を発行し、その后東京にて愛京誉誌、紫奇誌を発行し、紅の家恋師といひ、名古屋に在りて時務日報社の記者たりしが、辞して扶桑新聞の小説家となり、東京都新聞の特派員として同地にあり
京都島原遊廓のおやじだったという記述を見たこともある。京都・大阪・名古屋・東京のみならずあちこちを転々としたようだ。歌舞伎狂言を書いたという資料もある。「珍猫史」「美浦家おいろ」という戯号もある。どういう因縁か、おいろを罵倒するような記事を見たこともある。
あと何十年かすると資料探索も容易になり、この人物についても何らかの形でまとめられることになるかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2075] [2074] [2073] [2072] [2071] [2070] [2069] [2068] [2067] [2066] [2065]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
5
9 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(12/12)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/11)
(12/10)
(12/08)
(12/08)
(12/07)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone