忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
ロードス書房から古書目録第35号が送られてきた。副題に「サンパル店閉店記念号」とある。末尾には恨みつらみが書き連ねてある。一部引用。
1986年12月以来、約27年間続けてまいりました神戸三宮サンパルビル、ロードス書房を、この度二ケ月後の平成25年8月末日を以って閉店することに致しました。……
閉店理由の第一は、サンパルビルのオーナーである第三セクター神戸市都市整備公社(現すまいまちづくり公社)の背信行為といえる、商業ビルから事務所ビル(公社側は商業複合ビル変換と言っている)への一方的転換によるものです。テナントへの無断、無告知、無説明のまま2010年より土日・祝祭日が全く機能しなくなってしまい、即刻裁判所へ提訴(契約違反)したのですが、二年後に納得できないまま全面敗訴してしまいました。……役人・天下りの巣箱に成り下がっています。
理由の第二は、店主の病気が好転しないことによります。……
他に、昨年末急死した板東古書店の協力を得られなくなったこと、サンパルビル内来館者減少(理由1に関係)や、後継者不在等ありますが、理由1・2が決断要因の大半です。
1986年八軒でスタートした【サンパル古書のまち】は、これで遂に全面解体となりました。しかも、神戸市100%出資の第三セクター公社の背信行為を引金に終焉することになったのは、象徴的であると思っています。「地方の時代」「地方分権」の実態が、国家官僚支配下から、地方自治役人達への管理移譲でしかなく、住民や街、農村の実像に即した施策とは大きく乖離し、ゴーゴリの描く自己保身目的にしか興味がない19世紀ロシアの地方役人世界に似た、キメ細かい住民イジメと法律を楯にとった無責任な町づくり(崩壊)がすすんでいっています。
(以下省略)
今後はネット販売、目録販売だけになるようだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[776] [775] [774] [773] [772] [771] [770] [769] [768] [767] [766]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone