忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
ハンドドライヤー・エアータオルなるものがある。大阪梅田では、数年前からこれが使えなくなっている。「節電のため」と称して電源を入れていないのだ。駅やその近くのビルや地下街で。(ホテルは行っていないので知らない)これで大阪の景気のよくないことがわかる。
ウィキには、
日本では、1960年(昭和35年)に東京エレクトロンが最初のハンドドライヤーを発売した。
とある。
しかし、昭和十年一月一日発行『江戸と東京』には、
便所に入つて手を洗ふのはあたりまへとしてハンカチーフの必要のない事はこの時知つた。一寸ベルト見たいなものを踏む。暖い空気が出て来る、そこへ手を出せばたちどころに乾いてしまふ。
とある。これは東京の三越百貨店のトイレである。昭和十年の時点で既に百貨店にはハンドドライヤー(スイッチは足で踏む)があったようだ。ウィキの記述は訂正を要するのではないか。三越は輸入品を使ったのかもしれないが、ウィキには日本以外のどこの国でいつ発明発売されたのかについて書いてない。
何十年か前、ホテルのトイレにペーパータオルが設置されているのに衝撃を受けた。いまもペーパータオルを置いている施設があるようだ。これも贅沢のような気がする。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2289] [2288] [2287] [2286] [2285] [2284] [2283] [2282] [2281] [2280] [2279]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(10/18)
(10/17)
(10/17)
(10/17)
(10/16)
(10/16)
(10/16)
(10/15)
(10/14)
(10/14)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone