忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
三遊亭円生の落語「左甚五郎」に「ぬうぼう」という名前が出て来る。甚五郎が、自分の名前を忘れたと言って名乗らないので、おかみさんが付けた名前。「ぬーっとしてぼうっとしてるから」という。これはフランス語にかこつけた擬人名だ。
昭和五年『現代語新辞典』(自治館)に、
【ヌーボー(式)】取りとめのない、真相の知れない人間をかく呼ぶ。
とあるから、円生の造語ではなく、昭和初期の流行語なのだろう。
と思いきや、平山蘆江『日本の芸談』(昭和十七年)に、
川上(音二郎)と肩をならべて人気を持つてゐる高田実といふ役者は何もしない事においてえらい役者だつた。高田の事を当時の人はヌーボー役者と云つた、丁度日露戦争直前頃で、セセツシヨン式といふ美術装飾の流行る前、アール、ヌーボアといふ装飾が盛んに流行つてゐる頃だつた。アールヌーボアの流行り言葉をその儘とつてヌーボー役者といふ仇名も出来たのだが。
とあった。「ぬうぼう」とは、明治時代に出来た言葉なのだ。三遊亭円生は昭和五十四年没。明治・大正・昭和と使われたこの言葉も平成以降は消滅か。今はワインに取って代わられた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2131] [2130] [2129] [2128] [2127] [2126] [2125] [2124] [2123] [2122] [2121]
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
2
4
11 12
26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(03/25)
(03/25)
(03/24)
(03/24)
(03/24)
(03/23)
(03/22)
(03/21)
(03/21)
(03/21)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone