忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
「キビスカンカン」という歌を聞いたことがある。
石田龍蔵『明治変態風俗史』(昭和八年)には、
金来ぶし 摺鉢を伏せて眺めりや三国一の、味噌をするがの富士の山、キビスカンカン、イカイドンス、サンギヨクレンスノスクネツポ、スチヤンマンマンカンカマイカイノ、オツペラボウノキンライライ、アホラシイジヤオマヘンカ。(明治二十一年頃の流行)
とある。
『日本音曲全集』第七巻「俗謡全集」(表紙は「俗曲全集」。昭和二年)には、
金来節は明治二十一二年頃落語家の先代芝楽が高座で唄ひ出して、花柳界に移り、世人の迎合するところになつて、
とある。

明治二十五年四月十七日の『濃尾日報』には、
キビスカンカン、イカイドンス、キンギヨクレンスノ、ソクレツポー、スツチヤンマンマン、カンマンカーイノ、オツペラポーノ、キンライライ、アホラシイヤオマヘンカ。
とある。
倉田喜弘『近代はやり歌集』(岩波文庫)は、明治二十五年の歌として、
きんらい節
浦里がア 忍び泣すりや緑も供に 貰ひ泣をする明烏アす
キビス ガンガン イカイドンス キンギヨクレンスノ スクレンボウ スチヤマンマン カンマンカイノ ヲビラボウノ キンライライ あほらしいじやをまへんか かみさん きてゝやをまへんか 毎ばんきてゝやをまへんか をふきーにはゞかりさん
とある。
倉田は『濃尾日報』に拠って「きんらい節」を明治二十五年としたのだろうが、果たして、この歌の流行は明治二十一年か、二十二年か、二十五年か。
明治二十四年十月十二日発行『花たら誌』第四十四号四ページには、
上方流行唄 岡山なる艶文連員呉山亭楚水氏よりの報に此頃上方辺にては左の唄大ひに流行する由
キビス、カンカン、イガイ、ドンドン、キンギヨクレンスノ、ソクレンボ、スツチヤン、マンマン、カンマンカイノ、オツペラボウノ、キンライライ
とある。
したがって、「きんらい節(金来節・欣来節)」は明治二十五年ではなく、既に明治二十四年に流行していたことがわかる。今の所、これ以上さかのぼれる資料は見当たらない。「通説では、明治二十一二年頃から流行」とでもしておく他ないか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2405] [2404] [2403] [2402] [2401] [2400] [2399] [2398] [2397] [2396] [2395]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone