忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
今朝の朝日新聞に、文化庁eBooksプロジェクトで『エロエロ草紙』のダウンロードが一番多かった、と出ていた。何を今頃という感じだ。だいたい、eBooksプロジェクトの本は読むだけしかできずダメだ。近代デジタルライブラリーなら、『エロエロ草紙』を印刷もできる。
ウィキには「エログロとは、エロティシズムとグロテスクを足して作られた和製英語」としかない。
『大辞泉』には「扇情的で猟奇的、かつばかばかしいこと。また、そのようなもの。大正末期・昭和初期の低俗な風潮をさす語」とある。
近代デジタルライブラリーで「エロ」のつく本を探すと、次のようなものがある。ダウンロード・印刷・出版自由だ。
『エロエロ草紙』
昭和5年11月30日。竹酔書房
『成功百パーセント エロ新戦術』
昭和5年12月10日。法令館
『女給の内幕バクロ エロ戦線異状あり』
昭和5年12月10日。法令館
『巴里・上海エロ大市場』
昭和5年12月10日。法令館
『エログロ カフェ・女給の裏おもて』
昭和6年5月28日。二松堂
『エロ・グロ・表現考』
昭和6年4月14日。時代世相研究会

ATOKで「女給」の変換ができないのには苦笑した。時代だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[656] [655] [654] [653] [652] [651] [650] [649] [648] [647] [646]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone