忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
10月30日、弘文堂からアテネ文庫が復刊された。同文庫は昭和23年の発刊だという。当然、旧漢字旧仮名ではなく、新字体になっている。奥付に「復刻」とあるが、正確には復刻ではなく復刊だろう。
問題は、表紙が安直な製本であること。写真を見てもわかるように、久松眞一『茶の精神』は中央部が盛り上がっている。鈴木大拙『青年に与う』は端がめくれ上がっている。普通の人なら、手にとっただけで買う気を失うだろう。
思えば私が中学生の時買った新潮文庫『伊豆の踊子』は旧漢字旧仮名であった。高校生か大学生の時に徐々に新字体版に切り替わっていった。戦後20年経ってこの状態であった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone