忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
明治時代の雑誌を見ていると、「淘汰」に「よない」とルビが振ってある。選別することだ。しかし、『日本国語大辞典』にこの「よない」はなく、「よなう」は「手を貸す。助ける。援助する」となっていて、違う意味だ。このようにして消えてゆく言葉があるかと思うと、百年以上隔てて同じように使われる言葉もある。
野崎左文『私の見た明治文壇』(昭和2年)によると、明治初期の新橋芸者は「祝儀を収める時はアリーヨロと挨拶した。アリーは前の説明通り有難しの義、ヨロは宜しくを略したのである。」
これは最近新年の挨拶に「アケオメ、コトヨロ」というのと同断だ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[1728] [1727] [1726] [1725] [1724] [1723] [1722] [1721] [1720] [1719] [1718]
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
5
8 11 12
14 16 18
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone