忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
池田文痴庵の文章(『江戸と東京』第三巻第九号。昭和十二年九月)に、
ぽてしゃん
という言葉があった。見当はつくが、手許の辞書を引いても載っていない。昭和二年刊『現代語新辞典』を見ると、
【ぼて】(ポテ)ぼてれんの略。懐姙して腹のふくれること。
とあった。「ぼてれん」なら『日本国語大辞典』にもある。「ぼて」は腹の膨れるさまだ。子供の頃、肥った爺さんを見て「腹ぼて」と言ったものだ。「ぼてれん・ぽてれん・ぼて・ぽて」の親戚で「ぽてしゃん」「ぼてしゃん」があってもおかしくない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2296] [2295] [2294] [2293] [2292] [2291] [2290] [2289] [2288] [2287] [2286]
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
12 18
23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(05/22)
(05/21)
(05/21)
(05/20)
(05/19)
(05/17)
(05/17)
(05/16)
(05/15)
(05/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone