忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
地下鉄にて。母親のだっこ紐から身を乗り出して、長座席端の握り棒(?つかまる所)を懸命になめている幼児がいた。どんな味がするのだろう。味よりもツルツルした舌触りが珍しいのか。
これを見て、三遊亭円生「なめる」を思い出した。舐めるものは全然違うが、視覚・聴覚以外のものを言葉で表すというのは大変難しい。今の落語家でこれをやれる人はいるのだろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2050] [2049] [2048] [2047] [2046] [2045] [2044] [2043] [2042] [2041] [2040]
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
5
9
18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(04/19)
(04/19)
(04/19)
(04/17)
(04/17)
(04/16)
(04/15)
(04/15)
(04/15)
(04/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone