忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
天保四年の『当世千代保くれ』に、
ちよつと時候の御見舞なんどに、羽二重縮緬五匹十匹、菓子折袴地なんの彼のとて、名目ばかりで生で握らせ、百や二百の小判はちやあぷう
とある。
『日本国語大辞典』には、
【ちゃあふう】無駄になくしてしまうこと。台なし。また、そのさま。めちゃめちゃ。
とある。
「ちゃあふう」とは、今は使わない言葉だ。今なら「パーにして」とでも言う他ないか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2395] [2394] [2393] [2392] [2391] [2390] [2389] [2388] [2387] [2386] [2385]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
16
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(07/20)
(07/19)
(07/19)
(07/18)
(07/17)
(07/15)
(07/15)
(07/14)
(07/14)
(07/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone