忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『日本国語大辞典』の「きつね」の項目には、
②ハ(化粧をして男をたぶらかすというところから)芸妓、娼妓、遊女、女郎をののしっていう。
②ニ(したたかでずるく、遊客にこびへつらうというところから)「→たいこもち(太鼓持)①」の異称。
とあるが、「たぬき」の項目には、具体的な職業・人物を表す説明がない。「きつね」項目担当者と「たぬき」項目担当者の力量の差が出たということか。
宮武外骨『滑稽辞林』(安田書店。明治三十六年)に
たぬき 幇間、又はズルイ奴
とあり、
横江鉄石作『痛快節』には、
ヱライ決心東雲ならぬ、法官社会のストライキ、骨のないのは海鼠に海月、たぬき幇間タイコモチ(添田唖蝉坊『流行歌明治大正史』〈春秋社。昭和八年〉による)
とあるのだから、「狸」が「幇間・太鼓持ち」を指していたこと、明らかである。
紙の辞書ならいざ知らず、今後、電子版の大規模辞書は文字数に関係なく記述できるだろうから、その項目記述に関わった人物の氏名を明記すべきだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2379] [2378] [2377] [2376] [2375] [2374] [2373] [2372] [2371] [2370] [2369]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
16
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(07/20)
(07/19)
(07/19)
(07/18)
(07/17)
(07/15)
(07/15)
(07/14)
(07/14)
(07/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone