忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
一人称謙遜語として「拙(せつ)」という言葉がある。今では落語でしか聞けないか。
『日本国語大辞典』は、
男性が自分をへりくだっていう語。近世の遊里などで、きどった表現として用いられた。
として『七偏人』の例を挙げる。
『広辞苑』は、
自分のことをへりくだっていう語。近世、幇間などが好んで用いた。
として『七偏人』の例を挙げる。
『七偏人』二編には、「拙も遅参に及んでは、其罪また軽からずス」とある。この場所設定は法恩寺橋通りである。現在の東京都墨田区石原4丁目、JR錦糸町駅の北西部。当然遊廓ではなく、語り手も一般人である。これは「きどった謙遜語」。
『粋の天狗』(明治二十七年)には、
ぜつひお供の仰せを拙へそして紙入お預り
という都々逸が載っているが、これは幇間である。
したがって、「拙」の説明としては、
男性が自分をへりくだっていう語。近世から明治にかけ、遊廓で幇間などが用いた。一般人も気取った表現として使うことがあった。
とでもすべきであろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2670] [2669] [2668] [2667] [2666] [2665] [2664] [2663] [2662] [2661] [2660]
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
13 15 16
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(11/19)
(11/18)
(11/17)
(11/14)
(11/14)
(11/14)
(11/12)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone