忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
『団団珍聞』第三百八十五号(明治十六年十月)の戯画に、
神社の額には「茨城神社」とあり、幟には「いばる気神社」とあるので笑った。
この戯画の意味するところは、説明文を読んでも全く理解できないが、「茨城」を「いばる気」にかけた表現は初めて見た。
都々一坊扇歌の伝で、「水戸の人は鼻にかかる」というのがあるが、水戸の人が全て蓄膿症であるはずがない。これは「水戸の人は鼻にかける」が正しいのではなかろうか。扇歌はかなり頭の回転が速かったようだから、天狗になってもおかしくない。
自分自身や周囲の人を見ても実感できる。「井の中の蛙」の類だ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2512] [2511] [2510] [2509] [2508] [2507] [2506] [2505] [2504] [2503] [2502]
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
2
9
24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/22)
(09/21)
(09/21)
(09/20)
(09/19)
(09/19)
(09/19)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone