忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
平山蘆江『東京おぼえ帳』に、明治後半の東京の夕立について、
糸楯とか着ゴザといふ雨具がまだどこでも買へました 少し気取つた人は桐油紙をかぶりました さしづめこれがビニールの役をします
とある。
「着ござ」は映画やテレビの時代劇で見たような記憶もあるが、「糸だて」となると実物を見てみないとわからない。桐油紙も洋紙のものは使ったが、和紙のものとなるとわからない。今はどこのコンビニでもビニール傘を買える。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[2237] [2236] [2235] [2234] [2233] [2232] [2231] [2230] [2229] [2228] [2227]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
7 8
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(06/20)
(06/20)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/19)
(06/18)
(06/18)
(06/17)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone