忍者ブログ
気が向いたら思いついたことを書いてみます
藤あや子の「浮雲ふたつ」の2番に
ハトが豆をくらったように
とあるが、これはおかしい。作詞者・美樹克彦の言語感覚はオカシイ。
「鳩が豆鉄砲を食らったような」
というのが正しい表現だ。
鳩が豆を食べて驚く訳がない。オモチャの豆鉄砲で玉が当たったら鳩はびっくりする。私は豆ではなくプラスチック玉を鳩に命中させたことがある。その時の鳩の顔は忘れられない。顔をしかめて飛び立ち、クルクルと旋回してどこかへ逃げて行った。それ以降鳩は寄りつかないようだ。
子供の頃は「杉鉄砲」を作った。篠竹を切り、その先に杉の実をつめ、竹ヒゴで別の実を押し込むと先の実が飛び出す。子供の頃は杉の実だと思っていたが、調べるとあれは「杉の花」だそうだ。季節は春だったのだろう。あの頃は「杉花粉」など問題にはならなかった。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[580] [579] [578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(01/23)
(01/22)
(01/21)
(01/19)
(01/18)
(01/18)
(01/16)
(01/15)
(01/14)
(01/13)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
gwaikotsu
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ / [PR]
/ Template by Z.Zone